スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニアの建築雑誌 MAJA Estonian architectural magazine MAJA

エストニアの建築雑誌 MAJA(マヤ)に「800年後の方丈庵」として下鴨神社で建築家 隈研吾 氏が行った催しで撮影した画像が使われました。
エストニアはとてもコンピューター技術の発展した国であり、NATOのサイバーテロ防衛機関の本部所在国であるそうです。
今回も最初から使用料について相談があったのが印象的です。
日本ではインターネット上も含めて著作権に対する認識が低く、少し前にはオリンピックのエンブレムに関する様々な疑惑まで起ったことはこの認識の低さに関連していると思います。
私は日本人の豊かな発想は世界的に優れているのでとても残念だと感じています。
著作権を含めた知的財産権を見直せば大きな産業になると思います。
私の画像はADOBE社の関連企業Fotoliaにおいて類似性のなさが証明されています。
また、私の登録商標である「デジタル浮世絵」を活かせばデジタル制作の様々な分野において唯一無二のものとなります。
コラボレーションや提携してくださる企業、個人を募集しています。

以下のリンクは隈研吾建築都市設計事務所「800年後の方丈庵」 の説明です。
http://kkaa.co.jp/works/architecture/hojho-an/

The image about Hojo-an after 800 Years(Build by famous architect Mr. Kengo Kuma), which I had taken at Shimogamo Shrine in 2012 that was used for Estonian architectural magazine MAJA.
Estonia is the country where the computer technology developed into very much and is the headquarters location country of the cyberterrorism defense organization of NATO.
This time, it is impressive that there was consultation about the fee for use my photos from a beginning.
My image has no similarity that is proved in affiliates Fotolia by ADOBE.
In addition, my registered trademark "Digital Ukiyo-e" becomes a work to thing only in various fields of digital production.
I recruit collaboration and cooperating company, individuals.

Hojo-an after 800 Years
http://kkaa.co.jp/works/architecture/hojho-an/

デジタル浮世絵® 「柳谷観音の四季」 アマゾン キンドル版販売中です

Four Seasons of Yanagidani Kannon_s
デジタル浮世絵® 「柳谷観音の四季」
アマゾン キンドル版(500円)で販売しています。

説明
京都府長岡京市にある柳谷観音 立願山楊谷寺は806年(大同元年)平安時代、清水寺を開山された第一世延鎮僧都により開創されました。天皇家公家の方々を初め、人々の厚い信仰により支えられてきました。 その信仰と伝統は1200年経った今も変わらずここに息づいています。
私はこの寺院の美しい四季をデジタル浮世絵で表現することで多くの方に知っていただく一助になることを希望しています。

Kindle

About my solo exhibition in New york ニューヨークでの個展について

02 Jodoen garden in autumn

My new photo exhibition is announcement in Ouchi Gallery, Brooklyn, New York.
Please come to watch it.
This exhibition will present the collaboration of the Yanagidani Kannon Temple that is established in 1200 years ago, the Sekishu Banshi Japanese paper that has been succeeded for 1, 300 years, and the Digital Ukiyo-e® that is my registard trade mark.
The "Digital Ukiyo-e®" became the registered trademark of the Japanese Patent Office on April 10, 2015.
The "Digital Ukiyo-e" is a combined name of "Ukiyo-e"=famous Japanese art and "Digital"=making use of computers and computerized technologies. I think that the process of making art using digital technologies is very similar to the process of producing multiple copies by using woodblock print in the past. In this sense, "Digital Ukiyo-e" includes a meaning of "The Modern Version of the Ukiyo-e".
Currently, most of the cameras are made in Japan, but I think only very few people make a photographic work based on a Japanese-style sense of beauty.
I refer to an imminent Ukiyo-e from boyhood. The characteristics of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e. Nowadays, I use Sekishu Banshi, handmade Japanese papers, which is registered as one of UNESCO's Intangible Cultural Heritage to print my photographs.
I think that it is necessary for me to create photographic works based on the Japanese-style sense of beauty, when I display them around the world.

私のニューヨークでの展示会の案内です。
この展示で1200年前に開山した寺院である柳谷観音、1300年前から伝承されてきた手漉き和紙である石州和紙と私の登録商標であるデジタル浮世絵のコラボレーションを鑑賞してください。
「デジタル浮世絵」は平成27年(2015年)4月10日に日本 特許庁の商標登録(第5757271号)となりました。
日本のアートとして世界で認知されている「浮世絵」と「デジタル」で制作した作品という意味を組み合わせたものです。私はデジタルで制作することを当時の版画と同じ意味を含んでいるととらえています。
つまり、「現代版の浮世絵」という意味もこめて名前を付けました。
現在、カメラは日本製品がほとんどを占めていますが、自信をもって日本的な写真作品を発表する人は稀と感じます。
私はこの状況の中で少年期から身近にあった浮世絵を参考に、大胆な色彩、遠近感の誇張、明暗差の減少を適宜に適用して制作しています。現在、印刷にユネスコ無形文化遺産 石州半紙を用いています。
私なりの解釈として「国際的に作品を発表していく中で日本的な美意識を持つことが求められている」と考えたからです。

写真展「デジタル浮世絵」 Photo Exhibition "Digital Ukiyo-e"

A4 20160405 en

Rei Niwa Photo Exhibition
Digital Ukiyo-e®
Beyond the 1200 years
"Color of Yanagidani Kannon Temple"

2016.04.06 (WED) - 04.10 (SUN)
OPENING RECEPTION: 04.05(TUE) 7:00 PM - 10:00 PM

OUCHI GALLERY
170 Tillary Street, Suite 105, Brooklyn, NY 11201
Opening Hours
Thursday - Sunday: 12:00 PM - 6:00 PM
Wednesday: Appointments only
E-MAIL: info@ouchigallery.com
PHONE: 347 987 4606

丹羽玲写真展
デジタル浮世絵®
柳谷観音の色 ~1200年の時をこえて~

平成28年4月6日(水)~4月10日(日)
オープニングレセプション:4月5日(火)午後7時~10時
ヲウチギャラリー(ニューヨーク ブルックリン地区)

My exhibition have been introduced in the homepage of Consulate General of Japan in New York.

私の展示会が在ニューヨーク日本国総領事館のホームページで紹介されています。
HP : http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/en/n/01.html

柳谷観音楊谷寺 Yanagidani Kannon

DPP_151112_0217.jpg

オフィシャルホームページによれば開創が806年(大同元年)ととても古く、清水寺を開山された第一世延鎮僧都が夢のお告げを聞いて清水寺からこの西山へ入り、柳生い茂る中に生身の観音様を見つけられ堂宇を建てられたそうです。
811年空海弘法大師が当山を参詣されていました。その際、親猿が子猿の眼を洗って眼が開いたのを見て、その水にご祈祷を施し、眼病に悩む人々のために霊水にしたという空海伝説があり、今でもたくさんの眼病に悩む人々の参拝が絶えないそうです。
最近では映画、時代劇等のロケ地として使われており、境内の佇まいは時代劇そのままの雰囲気といえます。それはこの境内だけではなく周辺の山々を含む土地もすべてお寺の地所であるため見える全ての景色が一体感を持っていることが理由です。
私はこのお寺の公式な撮影を行っていくことになりました。季節の変化による美しい風景を是非ご期待下さい。

柳谷観音楊谷寺HP: http://www.yanagidani.jp/index.html

According to the temple legend, Enchin, who is the same founder of Kiyomizu-dera Temple, had established this temple in 806.
Kukai Kobo Daishi had been found the spring which treated the eyes of the monkey in 811 year, and that had been become the miraculous water by him, that is a legend. Many people come to this temple who want to treat the eye disease.
Recently, has been used as a location such as historical drama and the movie.
There is the harmonized beautiful atmosphere, because that has not only this precinct, but also including the mountains around this temple.
I was become an official photographer of this temple. Please expect a beautiful seasonal landscape.

プロフィール

Rei Niwa

  • Author:Rei Niwa
  • 私は日本の伝統文化を世界に紹介しています。
    日本の伝統文化において主な対象としているのは環境と祭りです。
    私の作品制作の特徴は対象の単純化、遠近感の誇張、特徴のある色彩コントロールを行うことで、浮世絵の特徴を参考にしています。「デジタル浮世絵」(登録商標 第2727271号)という名称にいたいました。
    私は13才で写真を撮り始めて、現在 公益社団法人 日本写真協会に所属しています。

    I am interested in documenting and introducing the world to traditional Japanese culture.
    My main motif are the Japanese traditional festival and the environment.
    The characteristic of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e and I have named to "Digital Ukiyo-e(Registered trademark)".
    I began photographing at the age of 13 and belongs to The Photographic Society of Japan.

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。