スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方違神社 粽祭 Chimaki Festival of Houchigai shrine

2017年(平成29年)5月31は大阪府堺市の方違神社「粽祭」の撮影に伺いました。

DPP_20170531_0014.jpg

方違神社の所在地は南海電車 堺東駅から徒歩5分程度の場所です。
公式HPによれば、神社の起源は古く紀元前90年(崇神天皇8年)勅願により創建されたといわれています。
いわれは、摂津住吉郡、河内丹治比郡、和泉大鳥郡の三国の境目であることから「三国山」、「三国の衢」、「三国丘」といわれ何処の国にも属さない、また方位の無い清地であるという考え方によって、この地の御土と菰の葉でつくった粽は悪い方位を祓うという信仰を以って参拝者で賑わっています。

粽祭は昔、神功皇后が方違の祓をされた故事から毎年5月31日に行われる例大祭とのことで、一年間授与される粽をご神前に奉る特殊神事です。

私は午前10時頃に到着し、社務所にご挨拶をしてから神社まわりや境内の様子を撮影致しました。

午後12時頃には当日授与される粽をもらう順番取りのために列ができ始めました。

現在本殿は「方違神社 創建2100年記念 社殿造営事業」として工事が行われています。
2018年(平成30年)1月に竣工予定とのことです。

DPP_20170531_0032.jpg

午後1時から神職、氏子一同参列のもと例大祭が催行されました。

DPP_20170531_0066.jpg

午後2時頃から稚児によるお砂持神事が催行されました。
この神事は11人の幼女たちが稚児として奉仕するものなので、近年は一部の関係者を除いて催行される場所内は立ち入り禁止となっています。

DPP_20170531_0076.jpg

11人の稚児たちは神職、猿田彦、巫女に先導されながら、約10m程度の間を天秤棒に御砂をのせて運びます。
慣れない衣装を着て、天秤棒で砂を運ぶことは幼女にはなかなか大変な役目なので何度か往復すると足元が危うい感じがします。

DPP_20170531_0188.jpg

今年の稚児たちは気温が上がり真夏並みの暑さの中黙々と役割を果たしていました。
愛らしい幼女たちが真剣に奉仕する姿は清らかで神々しさを感じさせます。

神事が終了して稚児がそろって記念撮影をして参加者は帰途につきました。

ご協力下さった神社、関係者、参加者の皆様ありがとうございました。
撮影した写真は方違神社に奉納させて頂きました。


撮影機材
CANON EOS 5D MarkII、EOS 5D MarkIII
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7


Chimaki Festival of Houchigai shrine

I went to the Houchigai shrine in Osaka to shooting the Chimaki-matsuri Festival at May 31 2017. It takes about 5 minutes from Sakaihigashi station of Nankai line.

According to the official HP, it is said that the origin of the shrine was founded in BC '90 by imperial prayer.

They say that here is the holy place, because of this shrine is placed on the border of the ancient area name Settsu, Kawachi and Izumi. So that the Chimaki is made of Zizania latifolia leaves and sands of here which has the quality of being sacred.

It is the regularly held festival which takes place on May 31 every year from story of the history of a festival is that Empress Jingu is the purification of the wrong direction, Chimaki-matsuri Festival is a special ritual, the Chimaki which will be awarded for one year that has been dedicated to before the gods.

I arrived at about 10:00 am and greetings to shrine office, and then I have shot around the shrine.
It has begun to be a column for order up to get a Chimaki about 12:00 pm.

The regularly held festival has been held all members of people under the protection of the local deity of this shrine at 1:00 pm.

The Osunamochi-shinji Ritual by children in a festival procession have been held at 2:00 pm.
This ritual because they are a little girl as a children in a festival procession, it has become off-limits in recent years exception of some staffs.

The 11 children in a festival procession were caring "osuna (Holy Sand)" on a pole between about 10m, and they walked after the priests, the Sarutahiko (Shinto god) and the shrine maiden.
It was very hot like a summer, but children taking part in a festive procession of this year played a role. The little girls worked very hard as the children in a festival procession that is pretty and brave.

After ritual is completed, children in a festival procession was took a commemorative photo and all participants went to home.

I thank you for everyone of this festival.

Equipment
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 5D Mark II
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD
Software
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7
スポンサーサイト

亀崎 潮干祭 Kamezaki Shiohimaturi festival

2017年5月2日から5日は愛知県半田市で行われた亀崎 潮干祭の撮影に伺いしました。

DPP_20170502_0003.jpg
神前神社はJR亀崎駅から徒歩で10分程度の場所にあります。

亀崎 潮干祭の撮影毎年5月3日から4日に愛知県半田市亀崎地区(神前神社・尾張三社・海浜緑地一帯)で行われる祭礼神事です。
「潮干祭」は神前神社の祭礼で、その昔、祭神である神武天皇東征の折、海からこの地に上陸したとの伝説にちなみ、5輌の山車を潮干の浜へ曳き下ろしたことからこの名がつけられたといわれています。
祭りの起源は定かではなく、最近の専門家による調査で元禄~宝暦年間(17世紀末から18世紀前半頃)にはじまり、300年もの長きにわたって祭りの風格・伝統が継承されてきました。
1959年(昭和34年)の伊勢湾台風後の護岸整備により、山車の海浜曳き下ろしは途絶えていましたが、1993年(平成5年)神前神社前に人工海浜が完成し、山車を海浜に曳き下ろす祭りが復活しました。
1955年(昭和41年)愛知県有形民俗文化財 指定
2006年(平成18年)国の重要無形民俗文化財 指定
2016年(平成28年)ユネスコ無形文化遺産 指定

私は2004(平成16年)年から地元の祭り関係者のご協力で撮影してきました。
神賑行事である山車行事について様々な角度から撮影を行いました。

2016-09-05 (1)
2007年(平成19年)にはアメリカ ニューヨークで展示をおこないました。
今年は神前神社のご協力で神事を撮影いたしました。

私は祭り前日の5月2日から現地に行っていました。
到着後にホテルに荷物を預けてから神前神社に挨拶に伺いました。

DPP_20170502_0004.jpg
サヤと呼ばれている山車の車庫の扉が開けられて一部の山車は外に出されていました。
地元の小学校の見学が行われていました。

5月3日は初の日でした。
午前8時頃からサヤから曳き出されて西側から順番に道沿いに1輛づつ並んでいました。

DPP_20170503_0028.jpg
朝の光に照らされた山車の幕はとても美しく毎回見る度に魅了されます。

DPP_20170503_0042.jpg
午前10時から行われる神前神社の祭典の撮影のため移動しました。

DPP_20170503_0183.jpg
途中休憩をはさんで午後1時頃に祭典が終了しました。

午後1時30分頃から列をなして御神輿の渡御が出発しました。

DPP_20170503_0388.jpg
渡御列は海浜曳き下しが終わって整列している山車の前を通って山車を先導するかたちで尾張三社に向けて移動しました。

DPP_20170503_0683.jpg
市内に入るとユネスコ無形文化遺産の指定によって有名になった影響もあって例年に比べて大勢の人出となっていました。

渡御列は午後2時30分頃に尾張三社に到着したのち祭典が行われました。

DPP_20170503_0710.jpg
午後3時過ぎに祭典が終了すると山車が尾張三社に宮入してきます。

DPP_20170503_0851.jpg
山車の整列後に人形技芸奉納が行われました。

DPP_20170503_1314.jpg
午後6時30分頃から山車が曳き出されてサヤに向かいます。

DPP_20170503_1382.jpg
私は長年お世話になっている西組の山車のサヤ納めに伺ってからホテルへ戻りました。

5月4日は後の日でした。

DPP_20170504_0015.jpg
朝7時30分頃に西組 車元である鈴川織布 間瀬様の御宅に伺いました。
今年の西組は代参元という祭りの代表でした。
しかし、ユネスコ無形文化遺産指定後 初のお祭りでの代表なので皆さんはいつもと違って忙しくて重要な役割も担っておられました。

DPP_20170504_0162.jpg
午前8時30分頃から列をなして尾張三社に向かいます。

DPP_20170504_0357.jpg
午前9時頃に尾張三社に到着してお囃子を奉納しました。

DPP_20170504_0560.jpg
私は午前9時30分頃から尾張三社で行われた巫女たちの奉納舞を撮影いたしました。
愛知県尾張地区では巫女を小学生までの少女たちが務めることが多くあります。
一生懸命練習してきた舞を奉納する姿は健気で美しいです。

DPP_20170504_0650.jpg
午前10時30分頃から尾張三社で祭典が行われました。

DPP_20170504_0745.jpg
午前11時15分頃から御神輿の渡御列が尾張三社から出発しました。
渡御列に先導されて山車が続いて曳き出されます。

DPP_20170504_0841.jpg

DPP_20170504_0876.jpg
午後12時頃に神前神社に渡御列が到着して祭典が行われました。
私は祭典終了後に神前神社で行われた直会に参加しました。

DPP_20170504_1149.jpg
午後3時30分頃から山車が順番に神前神社に宮入して神社の前で曳き廻しが行われます。

DPP_20170504_1258.jpg
午後4時50分頃には神前神社前に山車が整列して人形技芸の奉納が行われました。

DPP_20170504_1379.jpg
午後6時30分頃には山車が曳き出されてサヤに向かいます。
この頃には日も暮れて大勢いた見物人も殆どいなくなっていました。
暮れた街中をゆっくりとしたリズムのお囃子と一緒に山車が曳かれていきます。

午後7時30分頃に西組のサヤに山車が納められました。
私は皆さんにお別れとお礼を申し上げてホテルへ戻りました。

DPP_20170504_1449.jpg
5月5日に神前神社にお別れとお礼を申し上げて帰路につきました。
神前神社、祭り関係者、そして、参加者の皆様ありがとうございました。

撮影機材
CANON EOS 5D MarkII、EOS 5D MarkIII
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、EF24-105mm F4.0L IS USM、TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7

Kamezaki Shiohimaturi festival
I went to shooting the "Kamezaki Shiohimaturi festival" as the UNESCO's Intangible Cultural Heritage in 2 to 5 May 2017 at Kamisaki Shrine. There is a shrine about 10 minutes from JR Kamezaki Station.

Shiohimatsuri is festival of Kamisaki shrine. Legend has it that the first emperor of Japan, the god of the shine, landed on this area from the ocean a long time ago. Base on the legend, the festival was named after that 5 parade floats were drawn down to the Shiohi beach. Although the origin of the festival is unknown, there are some records from late 17th century to early 18th century in various documents. The tradition of the festival has been passed on over 300 years.

In 1959 after super typhoon the construction of the sea embankment prevented the parade floats from getting into the beach. In 1993 due to the completion of the man-made beach, the great festival with drawing down to the beach was resumed.

1995 Aichi-Prefecture tangible folk cultural assets designation
2007 The important formlessness folk cultural assets of Japan designation
2016 UNESCO's Intangible Cultural Heritage designation

I have ever been photographing it by the cooperation of the person concerned with festival from 2004. I exhibited at Agora Gallery, Chelsea, New York in 2007 about this festival.
This time, I photographed about the Shinto ritual of Kamizaki shrine.

May 3 was the first day.
The parade floats were begun to pull from about 8:00 a.m. by a garage, and by one formed a line in turn along the way from the west. It was very beautiful that the splendid curtains embroidered in gold thread shined by morning sunshine.

I moved to photograph the Shinto ritual of the Kamisaki shrine at 10:00 a.m.
That has completed including a break on the way at about 1:00 p.m.
They started to pull the moving shrine to the Owari-Sansha shrine at about 1:30 p.m.
They came to Owari-Sansha shrine at about 2:30 p.m, and the Shinto ritual was started.
After about 3:00 p.m, the parade floats were pulled into the Owari-Sansha shrine.
It was the doll art dedication was held.
The parade floats were begun to pull from about 6:30 p.m. and went to the garage.
I came back to the hotel after I photographed a garage case of the parade floats of the Nishi(=west) group.

May 4 was a later day.
I went to the home of Mr. Mase as the president of Suzukawa Co. Ltd. who was a producer of Nishi(=west) group at about 7:30 a.m. This year, the Nishi(=west) group was a representative of the festival sponsor called the "Daisan moto".

They made a line from about 8:30 a.m. and went to Owari-Sansha shrine. Then, they arrived at that at about 9:00 a.m. and dedicated a musical accompaniment.
I photographed the dedication dance of Shinto of mediums performed in Owari-Sansha shrine from about 9:30 a.m.
Girls who are lower than a primary schoolchild become the medium in the Aichi-prefecture Owari district. It is beautiful and admirable dance that they practiced very hard.

It was held the Shinto ritual in Owari-Sansha shrine from about 10:30 a.m.
The moving shrine was begun to pull from Owari-Sansha shrine from about 11:15 a.m. And then, the parade floats were begun to pull successively.
They came to Kamisaki shrine at about 12:00 p.m, and the Shinto ritual was started. I participated in a feast held after a Shinto ritual in Kamisaki shrine.
The parade floats came to Kamisaki shrine from about 3:30 p.m and they were performed pull and turn it at the front of the shrine.
After about 4:50 p.m, the parade floats were stood in line the Kamisaki shrine, and it was the doll art dedication was held.
The parade floats were begun to pull at about 6:30 p.m. and went to the garage.
At twilight, they went to pull that slowly with the gentle traditional music.
A parade float was put in the garage of the Nishi (=west) group at about 7:30 p.m.
I thanked for everybody and came back to the hotel.

I thanked for Kamisaki shrine on May 5 and left for home.
I thank you for everyone of this festival.

Equipment
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 5D Mark II
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、EF24-105mm F4.0L IS USM、TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD
Software
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7

一夜官女祭 Court Ladies in overnight festival

一夜官女祭

DPP_20170219_0010.jpg

2017年(平成29年)2月19日から20日に野里住吉神社に「大阪府指定文化財 一夜官女祭」の撮影に行きました。
JR塚本駅から約10分歩いた住宅地の中に神社があります。

DPP_20170219_0012.jpg

宵宮の2月19日は當矢という祭礼を司る方のお宅で神饌を氏子総代会の方々が調理していく様子を撮影します(一般者非公開)。
今回の當矢としての場所は姫里会館老人憩の家でした。

お昼過ぎに神社に到着して社務所にあいさつをしてから氏子総代会のみなさんと合流します。お宮での準備のメインイベントは餅つきです。
私もつかせていただきました。
用意をすませて姫里会館老人憩の家に移動します。

DPP_20170219_0027.jpg

コイ、フナ、ナマズを料理していくのですが、コイ、フナは「生きたまま」とするために生血も洗わずに桶に入れます。
この料理風景は凄まじいもので、穢れを防ぐためにマスクをして白衣を着用した二人ががりで次々に魚を生きたまま料理します。

DPP_20170219_0076.jpg

神饌の準備には私も毎年参加します。すべての用意が終わり、宵宮祭を終えて氏子総代会の方々一緒に供応料理を頂きました。

DPP_20170219_0090.jpg

神饌 他の用意をしながら一年ぶりにみなさんと一緒に過ごす楽しい時でした。

本宮の2月20日は昨年に引き続き雨の降るお天気でした。

DPP_20170220_0030.jpg

お昼ごろに神社に官女役の少女とご家族が集まって衣装着替えが始まります。
この祭礼では官女役の少女に加えて母親も着物、父親も裃に脇差を帯刀して参加します。
官女役は7人の少女があたります。多くが7歳くらいまでの年齢ですが慣れない伝統衣装に着替えながら大役を果たす緊張が感じられました。

DPP_20170220_0037.jpg

私も官女と一緒に當矢の場所に移動して、神事が始まりました。

DPP_20170220_0050.jpg

DPP_20170220_0105.jpg

官女の命名に続き、官女とそのご両親に「別れの盃」をして後、肴のコボウの煮物を配ります。

DPP_20170220_0247.jpg

午後3時ごろ當矢での神事が終わり、お宅の前から金棒と呼ばれる先導役を先頭に行列をなして、神社に向かって出発しました。

DPP_20170220_0360.jpg

行列が神社に到着し本殿に入り神事が始まりました。

DPP_20170220_0433.jpg

祝詞奏上、巫女舞奉納、玉串奉典 等が行われます。

DPP_20170220_0554.jpg

DPP_20170220_0615.jpg

官女役の少女たちは大役を終えてほっとした表情になっていました。

DPP_20170220_0657.jpg

私は関係者が参加する直会(なおらい)と呼ばれる会合に参加して神饌になっていたものを材料にした料理「ゴンタクロウ汁」を頂きながら氏子の方々と楽しい時間を過ごしてから帰りました。

野里住吉神社、祭り関係者、そして、参加者の皆様ありがとうございました。


撮影機材
CANON EOS 5D MarkII、EOS 5D MarkIII
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、EF24-105mm F4.0L IS USM、EF70-200mm F4.0L IS USM
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7


Court Ladies in overnight festival

I went to shooting the "Court Ladies in overnight festival" as the intangible folk cultural assets of Osaka Prefecture in 19 to 20 February 2017 at Nozato Sumiyoshi Shrine.
There is a shrine in the residential area walked about 10 minutes from JR Tsukamoto Station.

I photographed that the main member of shrine parishioner were making ambrosia in "Touya" Festival Presiding Priest house at the previous date "Yoimiya" Festival 19 February 2017. Place as "Touya" Festival Presiding Priest house was Hime-sato hall.

I arrived at shrine office and greeted, I joined the main member of shrine parishioner at early in the afternoon. Main event of the preparations on the shrine is a rice cake making. I participate in making every year.
I went to Hime-sato hall after he finished ready.
They cooked sliced of a living carp, crucian carp, catfish for sacrifice.
After we had completed prepare all of festival, I eat a special dinner of festival with the main member of shrine parishioner, and had a good time.

At the main festival date, it was rain weather at 20 February 201, unfortunately.

The families with girls started change of clothes into festival costume in the shrine at noon. The seven girls, almost under 7 years old, who tensioned to play a major role while dressed in traditional costume.

Nowadays, It is increasing the number of amateur photographers, so many people had come even in weekday. I am happy that they have interest in Japanese traditional culture, however Shinto festival is not a performance, so that private festivals increase gradually in order to protect person from mindless behavior.

I moved to "Touya" Festival Presiding Priest house, and it started a ceremony. It had appointment ceremony and exchanged cups of sake with together.

It started out toward the shrine to 3:00 pm.

They arrived at Shinto shrine and it was started a Shinto ceremony in the main shrine. It was performed that "Norito-sojo" the recital of Shinto prayers, "Miko-mai" Shinto dance and music, "Tamagushi" offer a sprig of the sacred tree and the other.

As my subjectivity, I was associative "offer a sacrifice" from girls to participate in the festival are separated from parents and sit on altar. And mother was going to pick up girls is over, it was seem to me that they were each other pleasure to survive.

I was participated in "Naorai" feast, and ate a "Gontakurou-jiru" was made of ambrosia.

I thank you for everyone of this festival.

Equipment
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 5D Mark II
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、EF24-105mm F4.0L IS USM、EF70-200mm F4.0L IS USM
Software
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7

勝林寺 吉祥紅葉ポストカード Postcard of the Kissho-momiji autumnal tints

DPP_141127_1141.jpg

Shorinji was founded as a sub-temple of Tofukuji in 1550.
There are many beautiful Japanese garden and the reason for beauty of that is the representation of the zen spirit of the priest.
The temple of Japan is a base of the art, and the chief priest of this temple originally has deep understanding and love toward art.
The Kissho-momiji autumnal tints which are a symbol of the autumn beauty of the temple show gradation including the yellow from orange as well as merely red, I produced the postcards with this image this time.
I suggest that I visit this temple because you experience the beautiful four seasons in Japan and mind of the Zen.
HP: http://shourin-ji.org/english/

DPP_141127_1114.jpg

京都 大本山東福寺 塔頭 毘沙門堂 勝林寺は創建1550年の古刹です。
この寺院には多くの美しい庭園がありますが、それはご住職の禅の表現と感じています。
本来 日本の寺院は芸術文化の拠点として存在してきましたが、この寺院のご住職から芸術文化への理解と愛情の深さを感じます。
吉祥紅葉はこの寺院の秋を彩る美の象徴です。単に赤いだけでなくオレンジ色から黄色のグラテーションを含む配色は大きさを含めて素晴らしいものです(今回はこの吉祥紅葉の画像でポストカードを製作しました)。
秋の美しい京都の景観と禅の体験のため是非 参拝されることをお勧めします。
HP: http://shourin-ji.org/

プロフィール

Rei Niwa

  • Author:Rei Niwa
  • 私は日本の伝統文化を世界に紹介しています。
    日本の伝統文化において主な対象としているのは環境と祭りです。
    私の作品制作の特徴は対象の単純化、遠近感の誇張、特徴のある色彩コントロールを行うことで、浮世絵の特徴を参考にしています。「デジタル浮世絵」(登録商標 第2727271号)という名称にいたいました。
    私は13才で写真を撮り始めて、現在 公益社団法人 日本写真協会に所属しています。

    I am interested in documenting and introducing the world to traditional Japanese culture.
    My main motif are the Japanese traditional festival and the environment.
    The characteristic of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e and I have named to "Digital Ukiyo-e(Registered trademark)".
    I began photographing at the age of 13 and belongs to The Photographic Society of Japan.

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。