スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜官女祭 Court Ladies in overnight festival

一夜官女祭

DPP_20170219_0010.jpg

2017年(平成29年)2月19日から20日に野里住吉神社に「大阪府指定文化財 一夜官女祭」の撮影に行きました。
JR塚本駅から約10分歩いた住宅地の中に神社があります。

DPP_20170219_0012.jpg

宵宮の2月19日は當矢という祭礼を司る方のお宅で神饌を氏子総代会の方々が調理していく様子を撮影します(一般者非公開)。
今回の當矢としての場所は姫里会館老人憩の家でした。

お昼過ぎに神社に到着して社務所にあいさつをしてから氏子総代会のみなさんと合流します。お宮での準備のメインイベントは餅つきです。
私もつかせていただきました。
用意をすませて姫里会館老人憩の家に移動します。

DPP_20170219_0027.jpg

コイ、フナ、ナマズを料理していくのですが、コイ、フナは「生きたまま」とするために生血も洗わずに桶に入れます。
この料理風景は凄まじいもので、穢れを防ぐためにマスクをして白衣を着用した二人ががりで次々に魚を生きたまま料理します。

DPP_20170219_0076.jpg

神饌の準備には私も毎年参加します。すべての用意が終わり、宵宮祭を終えて氏子総代会の方々一緒に供応料理を頂きました。

DPP_20170219_0090.jpg

神饌 他の用意をしながら一年ぶりにみなさんと一緒に過ごす楽しい時でした。

本宮の2月20日は昨年に引き続き雨の降るお天気でした。

DPP_20170220_0030.jpg

お昼ごろに神社に官女役の少女とご家族が集まって衣装着替えが始まります。
この祭礼では官女役の少女に加えて母親も着物、父親も裃に脇差を帯刀して参加します。
官女役は7人の少女があたります。多くが7歳くらいまでの年齢ですが慣れない伝統衣装に着替えながら大役を果たす緊張が感じられました。

DPP_20170220_0037.jpg

私も官女と一緒に當矢の場所に移動して、神事が始まりました。

DPP_20170220_0050.jpg

DPP_20170220_0105.jpg

官女の命名に続き、官女とそのご両親に「別れの盃」をして後、肴のコボウの煮物を配ります。

DPP_20170220_0247.jpg

午後3時ごろ當矢での神事が終わり、お宅の前から金棒と呼ばれる先導役を先頭に行列をなして、神社に向かって出発しました。

DPP_20170220_0360.jpg

行列が神社に到着し本殿に入り神事が始まりました。

DPP_20170220_0433.jpg

祝詞奏上、巫女舞奉納、玉串奉典 等が行われます。

DPP_20170220_0554.jpg

DPP_20170220_0615.jpg

官女役の少女たちは大役を終えてほっとした表情になっていました。

DPP_20170220_0657.jpg

私は関係者が参加する直会(なおらい)と呼ばれる会合に参加して神饌になっていたものを材料にした料理「ゴンタクロウ汁」を頂きながら氏子の方々と楽しい時間を過ごしてから帰りました。

野里住吉神社、祭り関係者、そして、参加者の皆様ありがとうございました。


撮影機材
CANON EOS 5D MarkII、EOS 5D MarkIII
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、EF24-105mm F4.0L IS USM、EF70-200mm F4.0L IS USM
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7


Court Ladies in overnight festival

I went to shooting the "Court Ladies in overnight festival" as the intangible folk cultural assets of Osaka Prefecture in 19 to 20 February 2017 at Nozato Sumiyoshi Shrine.
There is a shrine in the residential area walked about 10 minutes from JR Tsukamoto Station.

I photographed that the main member of shrine parishioner were making ambrosia in "Touya" Festival Presiding Priest house at the previous date "Yoimiya" Festival 19 February 2017. Place as "Touya" Festival Presiding Priest house was Hime-sato hall.

I arrived at shrine office and greeted, I joined the main member of shrine parishioner at early in the afternoon. Main event of the preparations on the shrine is a rice cake making. I participate in making every year.
I went to Hime-sato hall after he finished ready.
They cooked sliced of a living carp, crucian carp, catfish for sacrifice.
After we had completed prepare all of festival, I eat a special dinner of festival with the main member of shrine parishioner, and had a good time.

At the main festival date, it was rain weather at 20 February 201, unfortunately.

The families with girls started change of clothes into festival costume in the shrine at noon. The seven girls, almost under 7 years old, who tensioned to play a major role while dressed in traditional costume.

Nowadays, It is increasing the number of amateur photographers, so many people had come even in weekday. I am happy that they have interest in Japanese traditional culture, however Shinto festival is not a performance, so that private festivals increase gradually in order to protect person from mindless behavior.

I moved to "Touya" Festival Presiding Priest house, and it started a ceremony. It had appointment ceremony and exchanged cups of sake with together.

It started out toward the shrine to 3:00 pm.

They arrived at Shinto shrine and it was started a Shinto ceremony in the main shrine. It was performed that "Norito-sojo" the recital of Shinto prayers, "Miko-mai" Shinto dance and music, "Tamagushi" offer a sprig of the sacred tree and the other.

As my subjectivity, I was associative "offer a sacrifice" from girls to participate in the festival are separated from parents and sit on altar. And mother was going to pick up girls is over, it was seem to me that they were each other pleasure to survive.

I was participated in "Naorai" feast, and ate a "Gontakurou-jiru" was made of ambrosia.

I thank you for everyone of this festival.

Equipment
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 5D Mark II
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF16-35mm F4.0L IS USM、EF24-105mm F4.0L IS USM、EF70-200mm F4.0L IS USM
Software
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 7
スポンサーサイト

プロフィール

Rei Niwa

  • Author:Rei Niwa
  • 私は日本の伝統文化を世界に紹介しています。
    日本の伝統文化において主な対象としているのは環境と祭りです。
    私の作品制作の特徴は対象の単純化、遠近感の誇張、特徴のある色彩コントロールを行うことで、浮世絵の特徴を参考にしています。「デジタル浮世絵」(登録商標 第2727271号)という名称にいたいました。
    私は13才で写真を撮り始めて、現在 公益社団法人 日本写真協会に所属しています。

    I am interested in documenting and introducing the world to traditional Japanese culture.
    My main motif are the Japanese traditional festival and the environment.
    The characteristic of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e and I have named to "Digital Ukiyo-e(Registered trademark)".
    I began photographing at the age of 13 and belongs to The Photographic Society of Japan.

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。