スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展「デジタル浮世絵」 Photo Exhibition "Digital Ukiyo-e"

写真展A420150428

ユネスコ無形文化遺産 石州半紙コラボレーション記念
丹羽玲写真展
「デジタル浮世絵~季節の色~」
平成27年4月28日(火)~5月3日(月・祝) 午前11:00~午後6:00
オープニングレセプション 4月28日(火)午後6時から
GALLERY COSMOS
東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル3階
TEL: 03-3495-4218 FAX: 03-3494-8622
E-mail: info@gallerycosmos.com

私の「デジタル浮世絵」初めての展示会です。
ぜひ 観に来てください。
*会場で石州半紙に関する映像を再生する予定です。

UNESCO’s Intangible Cultural Heritage Sekishu-banshi Japanese Paper Collaboration Commemorative
Rei Niwa Photo Exhibition
"Digital Ukiyo-e ~Color of the Season~”

April 28th (TUE) - May 3rd (SUN)
Opening reception April 28th (TUE) 6:00pm-
GALLERY COSMOS
Shimo-meguro 3-1-22, Meguro, Tokyo Tanimoto-building 3F
TEL: 03-3495-4218 fax: 03-3494-8622
E-mail: info@gallerycosmos.com

This is my first exhibition of the "Digital Ukiyo-e".
Please come to watch it.
* I am going to play a video about the Sekishu-banshi Japanese paper in a exhibit place.
スポンサーサイト

杭全神社 御田植神事 Rice Planting Shinto Ritual "Otaue Shinji" of Kumata Shrine

DPP_150413_0001.jpg

DPP_150413_0046.jpg

DPP_150413_0061.jpg

DPP_150413_0112.jpg

DPP_150413_0146.jpg

DPP_150413_0236.jpg

DPP_150413_0375.jpg

DPP_150413_0096.jpg

2015年(平成27年)4月13日は大阪府大阪市平野区 杭全神社に「国の選択無形民俗文化財 御田植神事」の撮影に伺いました。

今年の春は雨が多いし、気温の変化も激しく感じます。サクラの開花時期は早まりあっという間に過ぎてしまいました。

祭礼は征夷大将軍として有名な坂上田村麻呂の子孫の家系で実質的に平野郷の指導者であった七名家が主体となり、宮座の構成員であったそれに郷民が協力して行ってきたものだそうです。
明治初期の混乱期には神事に用いる諸道具 等も行方不明となり祭の存続が危ぶまれましたが、七名家筆頭であった末吉家の努力などによって存続することができたそうです。
現在は「平野の町づくりを考える会」が活動の中心となっている「杭全神社 御田植神事保存会」によって民俗芸能を伝承しており、2008年には国の選択無形民俗文化財にも指定されています。
杭全神社は2012年(平成24年)に1150年を迎え、この祭礼も記念として往古の内容を復活させて、それまで日中に行っていたものを夜間にした上で、御田植神事保存会による猿楽奉納の後に、山中能舞台による能の奉納も行われました。それからは夜間奉納となりました。

4月5日に行われた練習段階から撮影を始めました。
シテ役を務める方は3年を経過して今年が最後となりました。
全く日常と異なる猿楽の所作やせりふの言いまわしは職業にしていない方が演じるにはかなりの練習とご苦労があると思います。夜遅くまで熱の入った練習が行われました。

4月13日は午後5時頃に神社に到着し、神社の方に挨拶をして、まず撮影場所を確保するため脚立を設置しました。

しばらくして奉納者が着替えのために集まってきました。
全員の着替えが終わったところで、所作付きの最終練習を行いいよいよ本番です。

宮司様を先頭に拝殿に入り、神事が始まりました。

夜間の奉納のためフラッシュの使用が禁止されていましたので、ISO 6,400までアップして撮影しました。

ご協力下さった神社及び祭り関係者の皆様ありがとうございました。


撮影機材
CANON EOS 5D MarkII、EOS 5D MarkIII
CANON EF 16-35mmF 4.0L IS USM、EF 24-105mm F4.0L IS USM
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 6


I went to shoot Rice Planting Shinto Ritual "Otaue Shinji" of Kumata Shrine at April 13 2015, that is registered as nation's selected intangible properties of folk culture.

This year, it is many rainy days and a change of the temperature is intense. The cherry had flowered early and has been scattered early.

That was been managed by "Shichi-Myouke" the leader of Hirano who was posterity of "Sakanoue Tamuramaro", he was one of the most famous Shogun in Japan.
But after many goods of ceremony was lost under the confusion during the beginning of the Meiji period, Sueyoshi Family that was leader of "Shichi-Myouke" was been operating the ceremony.
Nowadays, that is been operating by the Preservation Society of "Otaue Shinji" Ceremony, and that ceremony was designated as National Important Intangible Folk-Cultural Properties in 2008.

I started shooting from the practice stage that took place on April 5 2015.
The protagonist (Shite) plays has been three times until this year and that was at last.

I arrived at the shrine at 5:00 pm April 13.
It needed a stepladder for shooting because the main shrine has been about 1 meter higher than the ground level. Then started ready for ceremony by shrine staffs.

After a while, they came together for change of clothes.
When change of clothes of all was completed, they were doing the final practice.

They entered main shrine, and then the ceremony has started.
It was prohibited using a flash, so I shot on ISO 6,400.

After festival, I was participated in the meeting.

I thank you for everyone of this festival.

Equipment
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 5D Mark II
CANON SPEEDLITE 580EXII
CANON EF 16-35mm F4.0L IS USM、EF 24-105mm F4.0L IS USM
Software
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 6

早春の雨 Early spring rain

R_150226_0001.jpg
Ricoh GR 35mm crop mode + macro mode
Edited by Silkypix Developer Studio Pro6

GRブログ トラックバック企画のテーマ 「春の日」 向けの記事です。
今年の春は雨が多いし、気温の変化も激しく感じます。
サクラの開花時期は早まりあっという間に過ぎてしまいました。
私が選んだのは早春の梅花です。
更に雨降りに撮ったものです。
GRは傘をさしていても片手で気軽に撮影できることがいいです。

This is for the GR blog theme “Spring day” of track back project.
This year, it is many rainy days and a change of the temperature is intense. The cherry had flowered early and has been scattered early.
I chose the flower of the Ume flower in rainy day, which I shot with umbrella.
The Ricoh GR is that is easy to shoot by one hand.

菜種御供大祭 Rapeseed Memorial Service Festival

DPP_150325_0070_sRGB.jpg
DPP_150325_0148_sRGB.jpg
DPP_150325_0174_sRGB.jpg
DPP_150325_0326_sRGB.jpg
DPP_150325_0391_sRGB.jpg

菜種御供大祭

2015年(平成27年)3月25日は大阪府藤井寺市にある道明寺天満宮に「菜種御供大祭」の撮影に行きました。
近鉄 道明寺駅から駅前商店街を抜けた丘の上に神社があります。

この場所は多くの遺跡が出土している古い歴史のある場所で、学問の神様としてだれもが知っている「てんじんさん(天神)さん」菅原道真公の一族が住んでいた場所でもあります。
道明寺という名前は明治時代以前の神仏習合の頃には同じ敷地内に寺と神社が建っていましたが、神仏分離によって分けられ寺は道明寺(尼寺)として別の近隣地にあります。

道明寺は菅原道真公の叔母様 覚寿尼公が住んいた場所です。神社のHPによれば道真公が延喜元年(901年)大宰府に左遷される途中にも立ち寄って、覚寿尼公との別れを惜しんだそうです。この場面は「道明寺の別れ」として有名です。
その際辺り一面には菜の花が咲いていました。覚寿尼公は毎日陰膳を据えていましたが、その飯を粉にし、梅の実の形にした黄色の団子をこしらえたところ、病気平癒の効があるとして、参拝者がこぞって求めました。
これが河内の春を告げる神事となり、「河内の春ごと」として親しまれているそうです。

境内では毎月25日に開催される骨董品市も開催されており、平日にもかかわらず多くの人出がありました。

梅園はシーズンに訪れることをお勧めする場所の一つです。規模、内容、手入れの具合どれも素晴らしいです。

私は午前9時30分ごろに神社に到着して社務所にご挨拶をしてから神事の撮影を致しました。

お昼をはさんで午後の稚児行列に奉仕する子供たちが集まってきました。
慣れない稚児衣装をまとい、顔には化粧をされて戸惑いながらも楽しそうにしていました。

着替えをすませてお化粧をしてもらう稚児の様子を撮影いたしました。
お化粧が進むにつれて役目の自覚と緊張が感じられて凛としたものが感じられます。

午後1時に本殿前に参集した稚児とその保護者たちで華やかで愛らしい雰囲気となっていました。
この日は平日にもかかわらずアマチュアカメラマンをはじめ多くの人出がありました。

稚児たちはお払いを受けた後、菜の花をもらい行列が出発しました。
先頭の神職に続いて子供を守護する猿田彦が先導します。
行列は神社境内を抜け、商店街を道明寺駅に向かいます。

この祭礼の行列の道行きはどちらかといえば短いのですが、幼い稚児には過酷です。
行列は駅前で曲がって神社に戻ります。
境内に入って本殿前で菜の花をお供えして稚児たちの奉仕は終わりました。

稚児たちは衣装のまま境内で記念写真を撮ったりしながら帰途に着きました。

道明寺天満宮、祭り関係者、そして、参加者の皆様ありがとうございました。
撮影した写真は道明寺天満宮に奉納させて頂きました。

撮影機材
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 7D
CANON EF 16-35mmF 4.0L IS USM、EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM
CANON SPEEDLITE 580EXII
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 6


Rapeseed Memorial Service Festival

It went to shooting of "Rapeseed Memorial Service Festival" to Domyoji Tenman-gu Shrine located at the Osaka Prefecture Fujiidera City in 25 March 2015.

That is the location of the old history of many archaeological sites have been excavated, this place is also a family birthplace of Sugawara Michizane as "Tenjin-Sama" public everyone knows as the god of learning lived.

In the ancient times, there is in the same place because of syncretistic fusion of Shintoism and Buddhism, but after it was the Ordinance Distinguishing Shinto and Buddhism at Meiji era that was separated into Shinto Shrine and Buddhism Temple.

Domyoji is where an aunt of Mr. Sugawara Michizane had lived. And this place is famous for story of "Parting of Domyoji".
This festival is based on a story that His aunt made the yellow dumpling for everyday for pray for him, they say that "Spring Festival of Kawachi (East part of Osaka-Pref)". This place is famous for beautiful Ume garden, please go to watch it.

I arrived shrine at 9:30am, and soon moved to main shrine to shoot a Shinto ceremony.

Children who participate in the festival came around noon. Even they did not usual, that they wore the bronc costume and makeup face, but they were so fun. I took them the state in which the make-up. They became a serious look make-up progresses.

It had become a lovely atmosphere when parents and bronc has come at the front of main shrine at 1:00 pm. There were many amature cameraman even in weekday.

The bronc started out procession after they received a purification ceremony and received rape blossoms.

Matrix have been departure with the Shinto priest and "Sarutahiko"(Shinto god) in their lead. After went out of the shrine area, the matrix went to Domyoji Station through the shopping mall.

Process of this festival is short, but it is hard to the young children.

A parade returned to the shrine, after they turned at the front of the station. The bronc work were ended when they offered rapeseed in the main shrine.

I thank you for everyone of this festival.

Equipment
CANON EOS 5D MarkIII、EOS 7D
CANON EF 16-35mmF 4.0L IS USM、EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM
CANON SPEEDLITE 580EXII
Ichikawa Soft Laboratory Silkypix Developer Studio Pro 6

プロフィール

Rei Niwa

  • Author:Rei Niwa
  • 私は日本の伝統文化を世界に紹介しています。
    日本の伝統文化において主な対象としているのは環境と祭りです。
    私の作品制作の特徴は対象の単純化、遠近感の誇張、特徴のある色彩コントロールを行うことで、浮世絵の特徴を参考にしています。「デジタル浮世絵」(登録商標 第2727271号)という名称にいたいました。
    私は13才で写真を撮り始めて、現在 公益社団法人 日本写真協会に所属しています。

    I am interested in documenting and introducing the world to traditional Japanese culture.
    My main motif are the Japanese traditional festival and the environment.
    The characteristic of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e and I have named to "Digital Ukiyo-e(Registered trademark)".
    I began photographing at the age of 13 and belongs to The Photographic Society of Japan.

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。