スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

「デジタル浮世絵」、「ユネスコ無形文化遺産 石州半紙」コラボレーション記念

DPP_121116_0210_sRGB_PH.jpg
影もよう(東福寺、京都市)

「デジタル浮世絵」、「ユネスコ無形文化遺産 石州半紙」コラボレーション記念
限定 第一回 配布について(ご案内)

平成26年(2014年)11月27日 「『和紙:日本の手漉和紙技術』としてユネスコの無形文化遺産に登録された」として話題になっている三種の和紙の一つである石州半紙と私の制作方法の名前である「デジタル浮世絵」のコラボレーション企画を発表いたします。

・石州和紙とコラボレーションした意味について
 今回 私は従来 和紙の使い方ではない、新しいインクジェット印刷で行いました。
これは、従来の用途は当然のことですが、最新のインクジェット印刷において優れた適性があることで後世に残る意味があると証明されました。
そして、用途が広がったことで世界中の人に使ってもらうことができます。
石州和紙の素晴らさは約1,300年間 手漉き和紙の伝統技術が継承されたことだけではありません。
約1,300年前の技術が最新のインクジェット印刷に対応できることです。
そうしたことが、ユネスコ無形文化遺産として相応しく、また日本人技術力の高さの証明になります。
しかし、地域の特産品としてはじまり地域を支えてきた石州和紙は時代の変化で需要が減少し事業者は減り続け、現在は4軒のみとなっています。

事業者数の推移
明治22年(1889年)6,377軒
昭和15年(1940年) 664軒
昭和23年(1948年) 279軒
昭和33年(1958年) 148軒
昭和40年(1965年) 15軒
平成26年(2014年) 4軒

石州和紙は他の紙(洋紙)と同じように素材であるため使ってみて初めて良さがわかります。そして、使うことで伝統が継承されます。
私がコラボレーションした理由は使うことで理解し、継承の一助となるためです。
そして、多くの皆さんにお伝えするためです。

・今回のお値段について
今回のお値段は東京から石州和紙の里である三隅町(島根県浜田市)までの運賃よりも安く、東京から大阪までの運賃と同じです。
このお値段でお手元で品質を確認してくださることがユネスコ無形文化遺産の継承に繋がります。

参考
東京から三隅町 航空機 約8万円(約5時間)、JR 約4万円(約7時間)
東京から大阪  JR 約3万円(約3時間)

この取り組みに賛同くださり、ご支援、ご助力をお願いいたします。

詳しくはここを参照ください。 


Get Adobe Reader

"Digital Ukiyo-e" & "UNESCO’s Intangible Cultural Heritage Sekishu-banshi Japanese Paper" Collaboration Commemorative

DPP_120907_0030_sRGB_PH.jpg
Harmony (UNESCO's World Cultural Heritage Ginkaku-ji Temple, Kyoto-city)

"Digital Ukiyo-e" & "UNESCO’s Intangible Cultural Heritage Sekishu-banshi Japanese Paper" Collaboration Commemorative
The First Printing for Limited Sales

“Washi, craftsmanship of Japanese hand-made paper” has been on UNESCO’s Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity at November 27, 2014. This time, it has been added another two kinds of Japanese Paper, but the Sekishu-banshi Japanese Paper had been at 2009, already and that has never been changed about 1300 years using natural materials and clean well water.
I use this paper without coating and etc, it is amazingly that nice fit for ink-jet print.
And I have done an application for trademark registration of "Digital Ukiyo-e" to Japan Patent Office at October 24th 2014. The "Digital Ukiyo-e" is a compound name the "Ukiyo-e"=famous Japanese art and "Digital"=making process, and that make the semantics by naming for the digital works.
This is my first challenge to collaboration of "Digital Ukiyo-e" and "UNESCO’s Intangible Cultural Heritage Sekishu-banshi Japanese Paper", and it maybe first using for the digital arts in the world.
Please buy this special collaboration art.

Link to details

Get Adobe Reader

プロフィール

Rei Niwa

  • Author:Rei Niwa
  • 私は日本の伝統文化を世界に紹介しています。
    日本の伝統文化において主な対象としているのは環境と祭りです。
    私の作品制作の特徴は対象の単純化、遠近感の誇張、特徴のある色彩コントロールを行うことで、浮世絵の特徴を参考にしています。「デジタル浮世絵」(登録商標 第2727271号)という名称にいたいました。
    私は13才で写真を撮り始めて、現在 公益社団法人 日本写真協会に所属しています。

    I am interested in documenting and introducing the world to traditional Japanese culture.
    My main motif are the Japanese traditional festival and the environment.
    The characteristic of my works are simplification of the subject, exaggerated perspective, the color control with a feature, and that is to use as reference the characteristics of Ukiyo-e and I have named to "Digital Ukiyo-e(Registered trademark)".
    I began photographing at the age of 13 and belongs to The Photographic Society of Japan.

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。